積立投資なら暴落も怖くない

ライフスタイル

こんにちは!webライターの大作です!

全然更新できてなかった・・・反省・・・・

そうこうしている間に外国株が暴落しているではありませんか!!

積立NISAとiDeCoの両方で先進国株に投資している大作は涙目・・・

ではありません。

むしと待ってました!といった感じです。

なぜならば、毎月一定額を積み立投資方法はこのような暴落にも耐えうる投資方法だからです。

積立投資であれば暴落でも焦る必要はない

毎月一定額を積み立る、積立投資は、投資先の市場価値が下がったとしても焦ることはありません。

なぜならば、価値が下がっていると言うことは、同じ額でたくさん買えるということだからです。

分かりやすいように、りんごで例えてみましょう。

りんごの価格が1個100円だった場合、資金が10,000円だと、りんごを100個買うことができます。

しかし、購入した翌月にりんごの価値が1個50円になったとすると、100個買ったりんごは全部で5,000円の価値となってしまいます。

同じように、その翌月と翌々月のりんごの価格が70円→90円と変化したとすると、所有しているりんごの価値も、7,000円→9,000円となります。

一方で、10,000円の資金を2500円ずつ4回に分けて買った場合、一月目は25個、2月目は50個、3月目は約35個、4月目は約27個変えます。

そうすると、所持しているりんごの個数の合計は、

25+50+35+27=137

となり、4月目の経過後は、137個所持出来ており、りんご一個の価値は90円なので、

137×90=12,330円となり、最初の資金の10,000円を上回ります。

不思議に感じるかもしれませんが、これはりんごの価格が下がっているときに、多くのりんごを買えたことが要因です。

積立投資も理屈は同じで、価格が下がっているときには多く、価格が上がっているときには少なく購入することにより、暴落によるリスクを防ぐことができます。

積立投資はSBI証券か楽天証券で開設しよう!

iDeCoやつみたてNISAなどの積立投資はSBI証券か楽天証券で口座を開設するのがオススメです。

なぜならば、この2つは管理手数料も無料で、扱っている投資信託の本数も多いためオススメです。

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZPRJT+APSWS2+FZK+6D4GH” target=”_blank” rel=”nofollow”>
<img border=”0″ width=”728″ height=”90″ alt=”” src=”https://www21.a8.net/svt/bgt?aid=180921017648&wid=001&eno=01&mid=s00000002072001069000&mc=1″></a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=2ZPRJT+APSWS2+FZK+6D4GH” alt=””>

投資は怖くない

少し前は、投資はギャンブルみたいなイメージがありましたが、正しい方法で行えば、資産を増やすことができます。

また、これからは自分で積極的に投資を行い、資産を増やして行く必要がありますので、これを機にiDeCoやつみたてNISAにトライしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました