保険より毎月の出費を見直す方が大事

保険

webライターの大作です!

保険に加入する時は、あれもこれもと考えるとついつい保険に加入しすぎて、保険料がすごく高くなってしまいます。

つまり、今の生活を極度に圧迫してしまうほどの保険に加入してしまうのは要注意です。

毎月の出費を見直そう!

あれもこれもと保険に加入するよりは、自分の家計がどうなっているかを把握するのが先決です。

僕はマネーフォワードを使って家計を管理しています。

マネーフォワードは、クレジットカードや銀行口座と連携させることにより、自分の家計の状態を手軽に把握することができます。

まずは、自分の過程が1ヶ月にどれくらいの出費をしているのかを知り、その上で家計を見直すべきなのです。

そして、家庭を持っている人ほど、保険の出費がかさみすぎる傾向にあるので注意が必要です。

ついつい加入しがちな保険とは?


保険には色々な種類があります。

その中でも”掛け捨ての保険”は嫌う人が多い一方で、”年金保険””終身保険””学資保険”といった貯蓄を兼ねた保険は、いまだに人気の商品です。

しかし、これら貯蓄性の保険は、今の時代は家計を圧迫する要因ですので、加入する際は慎重になる必要があります。

例えば終身保険で500万円の死亡保障に加入したとします。

その場合、おおよそですが保険料は1万円以上になります。

しかし同じ保障額で、みんな大嫌いな掛け捨ての保険で準備した場合、保険料は数百円から1,000円程度で済むことが多いです。

たとえ、解約した時に全額もしくはある程度戻ってくる終身保険

それとも、解約したらほとんど戻ってこない掛け捨ての保険

であったとしても、この保険料の差はかなり大きいです。

保険は親の言う通りに加入してはいけない

保険を検討する時には、自分の親などに相談すべきではありません。

なぜなら、自分が親が知っている保険と、現代で売られている保険は全く別物と言っても過言ではないからです。

これは、親の世代が間違っていると言っているわけではありません。

なぜなら、自分の親が現役の世代はその選択肢が正解だったからです!

ですが、今は金利の低下により、保険料はかなり値上がりしてしまい、様々な貯蓄性の保険は魅力的なものでなくなってしまいました。

ですので、保険を相談する際は、自分の親に相談するのはあまり良い選択肢とは言えません。

保障はまず掛け捨ての保険で準備する

保障は今の時代においては、掛け捨ての保険で準備しなければ、必要な保障額を確保できません。

「掛け捨てだともったいない」

なんて言う人がいるかもしれません。

しかし、保険に加入することも、電気屋で家電を買うのも本質的には変わりません。

必要なものをお金を出して買うという本質は同じです。

家電を買う時に、「これをいつか売った時に、買った金額と同額以上で売れないと損だ!」なんて気持ちで買いますか?

買わないと思います。

それがなぜ保険になった途端に「損した」という気持ちが強くなるのでしょうか??

保険は貯蓄という古い価値観はさっさと捨てるべきです。

今の生活が一番大事!

日本人は心配性で、将来のことや不測の事態を必要以上に想像して心配しすぎです。

何より大事なのは今の生活です。

保険料は掛け捨てで抑えて、その分健康に配慮した食事をしたり、運動をしたりして、少しでもリスクを減らすほうにお金を回す方が今の時代は合理的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました