保険に加入する際の注意点!保障別に加入した方が良い理由

保険

webライターの大作です!

保険に加入する際の注意点は、保障別に保険に加入することを推奨しています。

なぜなら、1つの保険で特約をつけまくって、加入すると間違いなく保険料高くなりますし、何より保障内容が複雑になりすぎて、自分では管理できなくなります。

保険に加入する際は、自分で内容が説明できるほどできるだけシンプルな内容にすべきです。

保障の内容をシンプルにすべき理由

自分もしくは家族の保障内容はできるだけシンプルにすべきで、できるだけ自分の口で保障内容が説明できるようにしましよう。

あれもこれもと保障をつけすぎると保障が複雑になりすぎて、自分一人では管理できなくなります。

そう、これが大手保険会社の狙いなのです!

営業職員のアフターフォローを前提とした商品を販売することにより、ビジネスモデルを成り立たせているわけです。

そして大手保険会社の販売する生命保険には営業職員の人件費が上乗せされているので、保険料が高くなっています。

つまりそもそも複雑な内容の保険に加入しなければ、高い保険料を払う必要もないわけです。

そして、保険はシンプルな保障で十分なのです!

保険はシンプルで十分な理由

我が国は国民皆保険といって、どんな人でも健康保険に加入しています。

これは、医療機関にて保険証を定時することにより、医療費の自己負担が3割となります。

さらに高額療養費といって、一月の医療費の最高の自己負担額は、8〜10万円となります。

さらに、国民年金や厚生年金に加入することによって、老後にもらえる老齢年金だけでなく、自分が亡くなった時に遺族が受け取ることができる、「遺族年金」や自分が特定の障害状態になった時に受け取ることができる「障害年金」などを受け取ることができます。

このように既に日本国民は誰しもが優れた保険に最初から加入しているのです。

ですので、必要以上の保険に加入することは非常に無駄と言えます。

保障ごとに別々の保険会社に加入しよう!


保険会社によって力を入れている保険は異なります。

車だってそうですよね?メーカーによって、家族向けの車を販売しているメーカー、走りを重視した車をラインナップしているメーカー、軽自動車に強みがあるメーカーなどそれぞれ特性が異なります。

保険会社もそれぞれ、死亡保障、医療保障、がんなどの重大な疾病の保障などそれぞれに強みがある保険会社が存在しますので、それぞれを組み合わせた方が結果的にコストパフォーマンスに優れた保険を準備することができます。

今自分が、大手生命保険会社の生命保険に加入しているのであれば、見直しをしてみてみるのはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました