マネーフォワードで家計簿を簡単につける!

ライフスタイル

webライターの大作です!

ぼくはマネーフォワードというアプリで家計簿をつけていますがこれがめちゃくちゃ便利です!

今の日本は円の貨幣価値が下がっている状態ですし、税負担も以前に比べて上がっているので、今の年収500万円と昔の年収500万円は訳が違います!

限られた収入でやりくりをするためには、家計簿をつけることは必須と言えますが、なんせ家計簿を付けるのってすごくめんどくさいですよね?

マネーフォワードやzaimはこれら家計簿を付けるめんどくささを解消してくれるアプリですので、使わない手はありません。

スマホで簡単に家計簿がつけられるようになる

銀行やカードをつなげばお金の流れを自動でグラフ化!

引用:マネーフォワード公式サイトより

マネーフォワードを使えば、上の図のように何にいくら使ったか簡単に把握できるようになります。

しかもこれ、自分で打ち込む訳ではなく、クレジットカードをあらかじめ登録しておき、そのカードで決済をすると、何と自動で金額だけでなく、項目(食費、光熱費、教育費、日用品など)まで判別して記録をしてくれるのです。

つまり自分はクレジットカードで決済をするだけ

なんと便利なのでしょう!

もはや、自分で電卓を叩き、レシートを貼り付けて、子供が寝た後にセコセコ家計簿を付けるのは昔の話で、今は登録したクレジットカードでカードで買い物をするだけで簡単に家計簿がつけられるのです。

また、ぼくはあまり使っていませんが、レシートを携帯で写真を撮ることにより、自動で記録してくれる機能もあるので、とても便利です。

自分の資産がいくらなのか一目で把握できる

Features top pic01

引用:マネーフォワード公式サイトより

マネーフォワードは自分の銀行のオンラインバンクの口座を登録しておくことにより、わざわざ銀行やATMに行かなくても口座の残高を簡単に把握できるようになります。

さらに、銀行の口座だけでなく、証券口座なども連携することにより、自分の資産が今いくらあるのか、総合的に見ることができます。

なかなか自分の資産がいくらあるのかって全体的に把握するのは難しいですよね??

マネーフォワードを使えば簡単に把握できます。

むしろこれからは銀行の預金などで円だけを資産として保有するのは、とてもリスキーなので、このような資産を総合的に管理する機能は、これから必要性が高くなってくると思われます。

マネーフォワードのデメリット

しかしこんなに便利なマネーフォワードにもデメリットが存在するので、把握しておかなければなりません。

ぼくが感じるマネーフォワードのデメリットは以下の2つです。

反映するのに時間がかかる

クレジットカードで決済をするだけで、自動で家計簿をつけてくれるマネーフォワードですが、決済をしてからアプリに反映するのに少々時間がかかります。

これはクレジットカードや決済をした店舗にもよるので、どれくらい時間がかかるかは全く異なってきます。

ですので、今月はいくら使っているのかを把握できるのは、数日後や数週間後であることも念頭に置いておく必要があります。

日本はいまだにクレジットカードの決済がダメな店が多い!

マネーフォワードは、クレジットカードなどで決済をすることにより、自動で家計簿を付けてくれる点が便利ですが、日本はいまだに支払いが現金しかダメな店舗が多すぎます!

理由は、クレジットカード決済を導入すると、専用の読み取り機器を導入するのに費用がかかるのと、クレジットカードで決済をする毎に、クレジットカード会社に数%の手数料を支払わなければならないため、導入を見送っている店舗が非常に多いです。

あまり知られていませんが、日本のクレジットカード決済の導入率は先進国中ほぼ最低ラインで、キャッシュレスが世界的に見ても全然進んでいません!

今より更にキャッシュレスが進むことにより、マネーフォワードの有用性も高まるのではないでしょうか?

これからの時代マネーフォワードは必須!

まず1つ言えることは、これからの時代、家計簿を付けないという選択肢は基本的にあり得ません。

家計簿もつけずに「お金がない・・・」と嘆いてる人は本末転倒で、まずは自分が何にいくら使っているのかをしっかり把握する必要があります。

しかし、時間は有限ですし、家計簿を毎日記録するって面倒ですよね?

マネーフォワードはそんなめんどくささを解消しつつ、楽に家計簿を付けることができるサービスですので、まだ使っていない方は、使ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました